食べ物

ホワイト餃子があるならブラック餃子もある!?見た目と気になる味は?

更新日:

 

皆さんホワイト餃子は食べたことありますか?見た目はきつね色の揚げ物で餃子らしさは無いんですが、ぱりっともちもちでおいしいですよね~!!
最近はホワイト餃子店も全国に広がって食べる機会が増えてネットでも話題になることが多いですね!!


そこで今日はホワイト餃子があるならブラック餃子もあるんじゃね!?っていう単純な発想で調べてみたら本当にあったのでどんなものか紹介します!

スポンサーリンク

まずはホワイト餃子の由来から

名前の由来 創業者・水谷信一が満州(現在の中国東北部)で白(パイ)という中国人から餃子作りを教わり、戦後日本へ引き揚げ餃子店を開く際、始めは「パイ餃子」にしようと思ったが、色気が無いので英語にして「ホワイト餃子」にした。         出典:ホワイト餃子店 - Wikipedia

ホワイトって中国人の名前でしたね^^; 由来を知っていればブラック餃子があるのか?みたいな疑問も出てこないですがあんまり知られていないので
同じように思った方もいるはず!!ということで続き書いてきますね!!w

スポンサーリンク

ブラック餃子はこれだ!!

 

黒いですねー!w まさにブラック餃子ですね!!イカ墨かなと思ったんですが、竹炭パウダーを使っているそうです!味の違いは特になさそうですね!
見た目はかなりインパクトあるんで、一回実際に見てみたいですねw

 

まとめ

ホワイト餃子は見た目はホワイトじゃないんですがブラック餃子はまさにブラックでしたね!まぁホワイト餃子のホワイトは白(パイ)さんから来ていますからね・・・w ブラック餃子も調べたら面白い料理かなと思いましたが、まぁ予想通りでしたねw
ブラック餃子は商品として存在した!!ってわかっただけでもよかったよかった~!w

スポンサーリンク

他の記事もぜひ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-食べ物