生活 豆知識

プロ麻雀士になる方法!気になる年収や仕事の内容は?

更新日:

 

どうもー!最近はabemaTVで、麻雀を見る機会が増えました!結構abema.TVとかネットの動画で麻雀に興味持った人も多いとおもいます!僕も麻雀は大好きで学生の頃は一晩中やってましたw 今日は麻雀のプロについて書いていきたいと思います。麻雀を職業としている人たちの年収や、プロになる方法など調べてみました!!

スポンサーリンク

プロ麻雀士になる方法!

麻雀好きな人はネットや、テレビで麻雀の対局なんかを見る機会が多いと思います。そこで対局している人の多くはプロでいくつかある麻雀団体に所属している人が多いです。団体に入ることでプロ麻雀士と言う肩書きがもらえます。その中でも一番歴史が古く、有名なプロ麻雀連盟に入るための方法を紹介していきます!

まずは書類審査!

必要なもの!

履歴書(写真添付)、住民票、写真、『プロ試験申込書』に「一次、二次試験受験料15,000円」なかなか高いな^^;w

詳しくは日本麻雀連盟公式HPにてプロ試験申し込み書もpdfがあるのでそこから印刷できます。

まずは書類審査が一次試験としてあります。

二次試験では、筆記試験、面接、実戦試験が行われます。ちなみに筆記試験の過去問もHPに行けば見れます!

符計算や正しいリーチの手順や清一色(チンイーソー)の待ち読み問題が出てましたね!チンイツの待ちは難しいっすよね^^; 自分もすぐにはわからんので長考してしまうんで相手にバレバレですw  プロになるような人はぱっと思いつくんでしょうね!!

そして二次試験合格者は三次試験が行われ計5回の試験が行われプロとしての見極めに合格した人が晴れてプロになることができるそうです。

スポンサーリンク

プロになるには実力はもちろんですがマナーやトーク力、見た目どこか売り込みできる要素が必要になると思います。特にマナーに関しては麻雀業界全体で麻雀のイメージ(賭博のイメージが強い)払拭に向けて取り組んでいるのでマナーは特に重要視していると思います。

プロ雀士の年収は?

プロ雀士の給料っていくらなの?って気になったんですが、なんとまずは会費を団体に収めるそうです!(゚o゚;;これはびっくりですね

その会費を払うとイベント出演や麻雀関連執筆業、雀荘との契約などの仕事をもらえるようで、団体から給料がもらえるわけではないので、年収はそれぞれ違うようですね。一流の雀士で、1000万ほどと言われており、テレビに出るようなクラスの人で600万ほどといわれており、これもほんのひと握りの人ですので、麻雀だけでは食べていけない人がほとんどのようです。まぁこれはどの世界でも一緒ですよね、プロに所属すれば給料もらえるっしょ(^。^)y-.。o○って感じだったんでちょっと驚きましたw

プロ雀士の仕事内容は?

先程も少し取り上げましたが、プロ雀士の仕事はイベント出演や麻雀関連執筆業、雀荘との契約が主な仕事になってきます。

イベント出演

所属団体でのリーグ戦や大会に参加するのがメインの仕事となるようです。日本各地で行われるようで交通費は実費の場合が多いようです。

雀荘のゲストプロ

これはある程度有名にならないと出来ない仕事で、ゲストとして呼ばれるので、そのプロと打ちたい一般の方がいないと成り立たないためです。

そしてそのお客様を楽しませるのが重要で、自分の麻雀に集中するだけではダメってことですね。。これはプロの腕の見せどころですよね!!

執筆活動

麻雀雑誌などのコラムや、本を出版してその印税の収入

グラビア活動

最近は女流雀士も増えてきてルックスのレベルもかなり上がってきています。水着のグラビアとか麻雀もう関係ないやん!って感じですけど麻雀を打つ姿見たいわぁ~って人も出てくると思いますw

 

その他にも雀荘の経営や、副業をやっている人いろんな働き方をしている人がいます。

プロ麻雀士と言うのは肩書きであって、働き方はいろいろあるものなんですねぇ~!興味持った方はプロテスト受けてみては!?

スポンサーリンク

他の記事もぜひ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-生活, 豆知識